アロハけいすけの日記

ハワイ好きの僕がハワイに住むまで

簿記 リマインド

簿記で分かりづらかったとこ噛み砕いて書いてきます〜(完全に自分のためです笑)

 

・前受金

サービス・商品の予約金をはじめにもらう

・仮受金

なんの前受なのかはわからないが予約金をはじめにもらう

・未収金

商品以外(建物・備品・土地・有価証券・車両運搬具)の時に使う

参考:売掛金は商品の時に使う

減価償却

1年で費用にしないで、数年に分けて費用にしようって考え方。

そこで、減価償却を何年に渡り分割するかという事が問題になってきます。これを耐用年数と言います。

1年目は全部ではなく一部が費用計上されるのですが、費用計上されなかった残りはどのような取扱いになるのでしょうか。これは資産に計上します。

・戻り高

販売した商品・製品が、品違い・損傷・品質不良(欠陥)などの理由で返品されたため、売上額から控除する金額を管理するための勘定科目をいう。

租税公課

会社全体の税金。事業用に用いられるときに使用

参考:預り金

社員個人1人1人が払うのを預かってるだけ

・引き受け

あなたに貸してる100円返してくれなくていいから、代わりにAさんに100円払っておいてね。

といわれたあなたが「わかりました」と承諾する行為が「引受」です。

・資本金

利益が出たときは「資本金」が増えるように仕分けする。

・貸し倒れ

貸付金や売掛金などの金額が取り戻せなくなること

・貸倒引当金

受取手形売掛金などの期末残高のうち、得意先の倒産など、貸倒のリスクを想定して回収が危ぶまれる金額を見積もり計上する引当金のこと。

・引当金

将来発生するリスクが高い費用や損失を前もって費用として計上するときの貸方勘定です。